認知症を予防するには2つの成分を上手く摂取しよう

植物

いろいろな力の集合体

男の人

研究への飽くなき探求心から、日本の有名大学の研究ラボが世界初となるユーグレナの大量培養に成功することになったのです。ユーグレナと聞いてもピンと来ないかもしれませんがこれは学名で、小学校の頃理科の授業でおなじみのミドリムシのことです。しかし虫ではなく、ワカメやコンブなどと同じ藻類の一種とされています。なぜここまでの注目を集めることになったのかというと植物性と動物性の両面の性格をもち、数多くの栄養素を含有していることです。アミノ酸をはじめビタミンやミネラル、不飽和脂肪酸などなんとトータルで59種類が確認されています。そのためユーグレナがあれば野菜不足だけでなく肉や野菜の栄養素も補える効果があるのです。

ユーグレナには59種類の栄養素が含まれており、その一つ一つが健康効果への作用をみせてくれます。代表的なものとして知られているのがユーグレナだけに存在しているとされるパラミロン、スポンジのような形状をしており体内の不要な物質を吸い取ってくれ体外へと排出してくれるデトックス効果があるのです。そして自分ではつくり出すことができなバリンやロイシンといった必須アミノ酸も摂取でき、人の生命活動を維持するために多大なる効果を発揮してくれることになります。その他では、豊富なビタミン類によって、生活習慣病の予防から疲れに負けない体づくり、ハリのある若い肌を維持してくれる美肌など、たくさんのうれしいことが期待できるようです。