認知症を予防するには2つの成分を上手く摂取しよう

家族

栄養素が多いユーグレナ

サプリ

ミドリムシは健康ドリンクの1つとして話題が高まっています。その理由には、豊富な栄養素と高い吸収率があります。商品を選ぶ際には、効果が高い商品を選選ぶことが大事である他、食事や運動面でも努力する必要があります。

もっと読む

いろいろな力の集合体

男の人

ワカメやコンブの仲間がユーグレナです。ユーグレナには、植物と動物の両方の性格を持ち合わせているとされています。そんなことから野菜だけでなく肉や魚などの栄養素も豊富に含まれているのです。そのため多岐にわたる健康効果が求められるのです。

もっと読む

ホルモンバランス

薬膳

更年期障害は男性にもありますが、主に女性に見られるものです。ホルモンバランスの乱れによって、大量に汗をかくようになったり、精神的に不安定になったりしてしまいます。そのような際には医師に漢方を処方してもらいましょう。

もっと読む

習慣化が大切です

男性

一つ目の対策

認知症は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症があり、予防方法も共通する部分と異なる部分がそれぞれの型であります。共通する部分は適度な運動やバランスのとれた食事、興味や意欲を持って毎日を過ごす、ということになります。ここでは異なる部分の予防方法について、挙げてみましょう。脳血管性認知症は、脳梗塞などが原因で起こります。従って、脳の血流が血栓によって滞らないように、血流を良くしておく必要があるのです。その為には血液中のコレステロールや中性脂肪を抑え、血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸の摂取が欠かせません。オリーブオイルに含まれるオレイン酸や青魚に含まれるDHA・EPAを摂るようにしましょう。

二つ目の対策

もう一つの型であるアルツハイマー型認知症は、発症の原因について明確に判明していない部分があるものの、抗酸化物質が有効である、との研究結果もあります。抗酸化物質は野菜や果物、ナッツ類に含まれるビタミンCやE、特に緑黄色野菜やトマトに含まれるβカロテンやリコピン、緑茶やゴマに含まれるポリフェノールなどが挙げられます。ただし、一口に抗酸化物質と言っても、実はそれぞれが異なった働きをします。その為、これらの成分を含む食材をバランスよく、継続して摂取する必要があります。認知症を予防するために必要な食品は分かりましたが、現代は偏食の時代とも言われています。何時発症するか分からない認知症を予防するためとはいえ、毎日の食生活を改善することは意外に難しいものです。そんな方には、予防に効果的な成分を含むサプリメントの摂取をお勧めします。あくまでも食事の補助という位置付けですが、習慣化するのは容易です。早い時期から食事の改善に取り組み、同時にサプリメントで補助する習慣をつければ、認知症の予防には効果的と言えるでしょう。